台湾旅行(2)

5月2日 台湾旅行2日目  台中から高尾まで

台湾2日目は台中 宝覚寺観光からスタートしました。
d0059240_1824082.jpg

宝覚寺には日本人も多く眠っていて日本人のための廟もあります。
が、なんと言っても目を引くのは大きな金色の布袋さんです。
d0059240_1826797.jpg

d0059240_18262592.jpg

う~ん でもこの布袋さん はりぼてじゃなくって?
奈良や鎌倉の大仏さんとは重量感が違うよね。


台中を後にし、一路 70キロ離れた日月譚へ

譚とは、湖より小さく、沼より大きいとの説明がありました。
d0059240_18555071.jpg
d0059240_18572921.jpg

ここには、日月譚そのものより 思わず感嘆するようなとても大きなお寺があります。
全部の写真はUPできませんが一部だけUPしますね。
d0059240_1933498.jpg

d0059240_19478.jpg
d0059240_1942222.jpg
d0059240_1943584.jpg
d0059240_195097.jpg

d0059240_204989.jpg

そしてこのお寺で、紅茶の先生である友人に頼まれお茶を買うという用事がありました。
お茶のお店は見落としがちな所にあるというので、あらかじめ添乗員さんにお話しておいて無事購入することができました。
友人いわく台湾はお茶がとても美味しい 紅茶も最高とのことです。
d0059240_19211494.jpg




日月譚の帰りに 捕里という黒檀(こくたん)で有名な町で昼食を取りました。
d0059240_18415499.jpg

中華料理ですが、家庭料理のように素朴な味でした。

お店の1階は黒檀製品の売店になっています。 黒檀って何?とわからない方もおられるでしょうね。私も言われてみれば昔あったよね 黒くて光っていて重たいもの くらいの認識です。箸やしゃもじ、おひつ等は祖父母の家にあったような気もします。お箸としゃもじのセットがお買い得だったので、買ってきました。

さてバスは台湾第2の都市 台南の高尾市に向かっていますが、途中 嘉南市の鳥山公園、八田與一記念公園に寄りました。八田與一(はったよいち)という人は日本人で、農業用のダムを作り、農業水利事業に大きく貢献した人だそうです。私は全く知りませんでしたが、台湾ではとても有名な人で、今でも大変尊敬されていると、台湾人のガイド 周さんが熱く語っておりました。 周さんは60歳 かなりの親日派とお見受けしました。
d0059240_19361379.jpg

d0059240_19363073.jpg
d0059240_19364712.jpg


さて、ここで 札幌から引率してくれた若いのにとても頼りになる添乗員さんと超強力助っ人台湾のツアーガイド 周さんのお写真をUPしておきます。
d0059240_1942126.jpg

 お二人ともとても素敵でしょう^^v

このバスツアーは20名定員の所、中学生と高校生1名ずつを含め19名が参加していました。親子、ご家族が二組の他は、皆さんご夫婦で参加されていました。 


そうこうしている内に夕刻 高尾市の寿山から夕陽を見せてあげたいと 周さん。予定にはなかった丘へバスを誘導してくれました。
d0059240_2005448.jpg

残念ながら夕焼けは見られなかったけれど、丘から見た港町 高尾(カオション)の素敵だったこと!
d0059240_2033564.jpg

d0059240_2012224.jpg



2日目はまだ終わらない LoVEの丘からフェリー乗り場に移動
夕食は、フェリーで摂津という所に行ったんです。テンションあがりました!
d0059240_2092351.jpg

d0059240_2093516.jpg
d0059240_2094562.jpg
d0059240_209596.jpg

摂津では、海鮮の中華を堪能 魚好きな私は良かったけれど中学生はほとんど食べられなかったみたいです。
フェリー乗り場からこのお店までずっと夜店が続いていて、あー寄り道したかったなぁ。


摂津から高尾に戻って いざ2日目のホテル 高尾華園大飯店へ
d0059240_20163890.jpg

d0059240_20164626.jpg

この日の夜は台湾式マッサージを体験しました。盛沢山の1日でしたから、疲れを飛ばなさいとねー。
立派で快適なホテルでしたよ。 2日目は失敗なしと思ったらこのホテルに千歳空港で買った文庫本を置き忘れてしまいました --;no.5(3日目につづく)
[PR]

# by yyuh4 | 2015-07-01 10:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行(1)

毎年恒例になりつつあるGWの旅行 今年は台湾に行ってきました。 今回は一般のツアーに参加、台湾10都市巡るたっぷりおいしい4泊5日の旅、さてどんなものだったでしょうか。

5月1日 千歳空港 
午後便だったので荷物は当日詰め込み  沖縄行くみたいなものでしょ と気楽な感じがいいよね。

それでも高速道路は混雑を予想 1時間ほど早く家を出たら早く着き過ぎて空港内のラフィネスでマッサージを。受付は済ませていたものの集合時に遅れてしまい添乗員さんをちょいと心配させました--;no.1
d0059240_16213813.jpg


台湾のエバーく航空は初めてで、ありとあらゆるグッズがハローキティで妙にテンションが上がりました!
添乗員さんが美しいのはどこも一緒ですね。日本人よりちょっとのんびりした感じがいいような若干心配なような。。
d0059240_1654686.jpg

d0059240_17165.jpg
d0059240_16563511.jpg



さてこの日は台北の飛行場から翌日に備えて台中のホテルに移動。台北は台湾最大の350万都市 新北市があります。夜でしたが、大きなアパートが所狭しとひしめきあって建っていて、人が多くて、バイクのお店が多く見えました。 蒸し暑かったのもあるでしょうが熱気があると感じました。

さて、台中に来ると町の様子がどこもかしこも古い感じがします。台北に比べるとだいぶ田舎なんですね。それでもコンビニはあります。機内食↑は出たものの、この日の夜ご飯は出ないのでコンビニで調達するように言われたのでセブンイレブンに立ち寄りました。コンビニには安心して買い物できると言われました。
あー確かに日本の物も沢山置いてありました。でもなんとなくお弁当は食べられそうになかったので、私はバナナを1本買いました。100円くらいだったかな。若干高いと思いましたが、後でわかるのですが、これは本当に高かった。台湾は果物が豊富で、美味しくて安いのです。バナナは1房6本位で20円くらいで買えます。
コンビニを利用するのは旅行客だけかもしれませんね。

この日のホテルは 西悠飯店 台中店
d0059240_17281053.jpg

ホテルはグレードアップをお願いしていたので、お部屋はインターネットも使えるし、まずまず。
グレードアップが出来なかった方に聞いたらかなり狭かったようですよ。 

でもバスルームはあれまっ バスタブがなぜ木の桶なんでしょう? 窓も汚れているし。

そうそう ここのバスルームに日本から持ってきた自分用のシャンプー・石鹸等のセットを忘れてきて、旅の間中 パパのシャンプーを使わせてもらっていましたが、なんとなくパパの匂いがして、、、ーー;no.2

更に、家から持ってきた化粧瓶の中に化粧水が入っておらず 旅の間は化粧水の代用として冷やしたミネラルウォーターを使っていました --;no.3
化粧水はコンビニで買おうかと何度も思いましたが、日本製とはいえ、日本では10代しか使わないような安価な化粧水が800元 3200円もするので躊躇ってしまいました。

更に更に、ホテルのスリッパが履きずらいので、家から持ってきたルームシューズを履こうと思ったら飛行機内に忘れてきたみたい --;no.4

朝食会場では小学校の修学旅行?らしき一団と、中国人らしき老人の一団の食欲に圧倒され、いつものことですが珈琲とこの日は肉まんの皮だけ(肉まんかと思ったら中身なし)食べました。

でもでも朝、窓から下を見下ろすと
d0059240_17462980.jpg
d0059240_17465216.jpg

お寺だそうですが、ちょいと素敵な光景が広がっていました。 
どうりで夜11時にも早朝にも鐘の音が聞えていました。(2日目につづく)
[PR]

# by yyuh4 | 2015-07-01 10:24 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ旅行(最終日)

最終日は夜10時半まで丸1日自由だったので、前日に夜8時にホテル内のスパに予約しました。初日のスパではオイルマッサージを施行してもらいましたが、最終日のスパではチョコレートホットストーン テラピーをチョイス。これは日本ではあまり体験できないですよね、とっても気持ち良かったです!

さて、スパは夜のお話。午前から午後にかけては、ホテルから歩いて行ける大きなショッピングセンターと海に行っていました。ショッピングセンターの裏は海に繋がっているのです。
d0059240_23335249.jpg

d0059240_23321471.jpg

d0059240_23324012.jpg
d0059240_2333873.jpg

ショッピングセンターの裏も素敵でしょう(*^^*)
パパが着ているアロハシャツはウブドで買ったのですが、ホテルのガイドさんのアロハとほぼ一緒です。私たちが接したガイドさんはお二方とも現地の方でしたが、とても丁寧な日本語を話します。日本語はどこで習ったの? 日本にいらしたことはあるの?と聞いたら、日本語はバリで講習を受けただけで、日本に来たことはないと言っていました。一人の方は冗談も上手いし、かなり達者に日本語を操っていました。もちろん英語と中国語、韓国語も話せるそうです。
ガイドさんって皆そうなのでしょうが、勉強熱心ですよね。地理、歴史に詳しいのなんのって、バリの7,8世紀からの歴史を全部話してくれました。ほとんど覚えられなかったけれども^^; 
東西南北 王様(首領)が住んでいる所(城下町のような)にバザール(市場)を立て、王様が人々の生活を視察できるようにしたとのこと。バリの言葉で一つだけ覚えられたのは、「テンバザール」(バリの空港の名称)は、「北の市場」という意味だそうです。

ショッピングセンターで、面白かったのは、中国人や韓国人もおそらく笑ってしまうほどの「なんちゃってブランド品」が堂々と売られていたこと。バリではこういう模擬品を売っても罪にならないのね。パパも息子のお土産にレイバンのサングラスを買っていました。2000円で(笑)

もちろんちゃんとしたブランド店もあり、POLOのシャツを何枚かカードで買いましたが、先日請求書を見てニンマリ! 全て1枚1500円位でした。 そうそうバリの方の収入は月2,3万円とのことで、物価はだいたい日本の10分の1です。一般人は車は持てず、15万円位のバイクをローンで買うのがやっととのことです。1台のバイクに家族4人乗って移動する姿は日常的、道行くバイクの数に圧倒されます。私、バリでは運転できそうにありませーん^^;

この日のランチはホテルに戻って前日夜食に頼み気に入ったクラブハウスサンドイッチをもう一度食べました。これね↓
d0059240_0211811.jpg

バリは空も海もすごく綺麗で緑も沢山あって花がとっても綺麗で、素朴な人たちも良かった。でも食べ物がねぇ、、香辛料がいまいち口にあわないのがあって、それだけが残念でした。
ホテルのサンドイッチとビンタンビール(バリのビール)はとても美味しかったです(^^)

さてそれから夕方までしばし部屋で休んで、夕食はそろそろ恋しくなってきた日本食を食べにいきました。特に醤油味が恋しかったです。日本食レストランで超美味しい天ぷらうどんをすすっていると、会社の若い人たちもやってきました。皆 そろってラーメンを食べていましたよ。

夕食の後は、スパの時間まで帰る準備、荷物は大した増えず、見た目は来た時と同じ 大と中のゴロゴロ二つで間に合いました。
スパがとても良かった話は先に書きました。
夜10時半にホテルを出発、空港には11時前に着きました。そこからです。実はテンバザール空港が広くて綺麗で、免税店もすっごく立派で、もちろん韓国ほどではないのですが、ここに飛行機出発の2時間以上前に連れて来られてしまいました。でもね、夜は更けているし、旅の疲れも出ているし、買い物する気が起こらなかったですね。せいぜい余ったドルを使い切った程度です。
バリの紙幣はルビアで、日本円に0を2つ付けるといい感じです。つまり10000ルピアがおよそ100円ってことですね。オーストラリアが近いからか、どんな小さなお店でもドルが使えます。ホテルや大きいショッピングセンターでは円も使えますが、1万円札を出すと驚かれます。お釣りもないです。1万円は10万円の価値になるんですものね、びっくりするのもわかります。

バリ島、いつかもっとゆっくり滞在してみたいと思っています。<おしまい>
[PR]

# by yyuh4 | 2014-06-19 00:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ旅行(2)

パリ滞在2日目と3日目は終日自由行動 
2日目は、「エレファントサファリ」と内陸部の芸術的な地域「ウブド」観光がセットになっているツアーを申し込みました。このツアーを申し込んだのは、なんと私たち2人だけ。とっても優しいガイドさん(40歳位の男性)と無口な運転手さんと4人でエレファントサファリにGO!

バリは四国の三分の一ほどの面積に550万人もの人が住んでいるので、途切れることがなく村があります。エレファントサファリへの道中、いくつもの村を通りましたが、どこもとても面白かった。人口の80パーセントがヒンズー教徒だそうで、信仰も厚く、至るところで花の香りのするお線香が焚かれています。

「エレファントサファリ」 園内で働く素朴な人たちに象たちがとても大事にされています。
癒しの場所でした。
d0059240_22522682.jpg

d0059240_2242526.jpg

d0059240_225512.jpg

d0059240_2259358.jpg


芸術家たちの集落ウブドに行く途中 世界遺産にもなっている「ライステラス」 段々畑に寄りました。
d0059240_23114463.jpg

d0059240_23263573.jpg

d0059240_231281.jpg


「ウブド観光」 
お寺、遺跡、サルの森、美術館等々 
d0059240_23165383.jpg
d0059240_23171558.jpg

↓優しいガイドさん
d0059240_23173665.jpg

d0059240_23332586.jpg

↓仏教の遺跡 短パンでは失礼になるので布を貸してくれる
d0059240_23175133.jpg
d0059240_23181941.jpg

ウブドで印象に残っているのは、アルマ美術館です。 キャンプ場が併設されているほど広い敷地に、大理石をふんだんに使った建物にゆったりと絵が展示されていました。庭もとても素敵でした。そうそうトイレもまるでお城のように広く大理石でできていました。こういう所を見学すると、バリ インドネシアが日本より貧しい国とは思えないですね。http://s.navi.com/bali/miru/1/



この日の夕食はホテルのプールサイドでインドネシア料理のバイキング
お味はう~ん、、、、ケーキは美味しかったけれどね。
d0059240_2336010.jpg

d0059240_23363599.jpg

d0059240_23394468.jpg

d0059240_23415261.jpg

[PR]

# by yyuh4 | 2014-06-08 23:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行(1)

恒例になりつつある5月の旅行 なんと今年はバリ島でした! 
バリ島はインドネシア 首都があるジャワ島に次ぐ第2の島 観光の島ですね。
北海道から直行便はなく、韓国 ソウル空港で乗り換えて6時間ほどです。
インドネシアはオランダ領でしたが、戦時中3年ほど日本に統治されていた時期があり、その影響も少なからず残っていて、車は左通行、右ハンドルです。ほとんどのお店で円が使え、日本語も通じます。観光客はバリ島へは4時間ほどでのオーストラリア、日本、最近は中国、韓国からも多いそうです。

飛行機は乗り換え、往復も全て↓
d0059240_1238329.jpg
客室乗務員さんたちの美しいこと!皆さん女優さんのような方ばかりで、女の私が見ても目の保養になるほどです。機内では、「アナと雪の女王」を観賞できラッキーでした^^

さて、ホテルには夜中の2時頃到着。札幌を立ったのは14時頃でしたから、入国審査を含めて12時間です。疲れたのでシャワーも浴びずにバタンキュー お陰でぐっすり眠ることができました。

ホテルはお庭が超素敵でテンションが上がりました!
d0059240_12534125.jpg

d0059240_12541167.jpg

d0059240_2375323.jpg

ホテル内です^^ 朝9時頃からここで生のガムランを演奏しているんですよ。
d0059240_2384681.jpg




1日目?2日目かな?は1日団体(パパの会社の方たちと)のツアーが付いていて、テンバサール(「北の市場」という意味だそう)半日観光からはじまりました。民族音楽と踊り観賞、独立記念館、寺院等を観光しました。
d0059240_13161810.jpg

d0059240_13173673.jpg

d0059240_1371759.jpg
d0059240_1382129.jpg

d0059240_1385037.jpg
d0059240_1391249.jpg

d0059240_2343669.jpg



3時頃ホテルに戻り休憩 ホテルのプールが海に繋がっていることを発見して、またテンションが↑
d0059240_23575644.jpg

d0059240_13413958.jpg

d0059240_1326529.jpg

d0059240_13421388.jpg

d0059240_13263411.jpg


夜は宮廷料理を食べにいきました。
d0059240_13134669.jpg
d0059240_1314568.jpg
d0059240_13143187.jpg
d0059240_1315963.jpg


バリ滞在1日目の長い1日が終わった と思うでしょう? 実はこの後、希望者だけでマッサージを受けにいきました。これが気持ちいいのなんのって最高! 1日の疲れも取れてとても良かったのでした。(2に続く)
[PR]

# by yyuh4 | 2014-06-02 13:35 | 旅行 | Trackback | Comments(0)