バリ旅行(2)

パリ滞在2日目と3日目は終日自由行動 
2日目は、「エレファントサファリ」と内陸部の芸術的な地域「ウブド」観光がセットになっているツアーを申し込みました。このツアーを申し込んだのは、なんと私たち2人だけ。とっても優しいガイドさん(40歳位の男性)と無口な運転手さんと4人でエレファントサファリにGO!

バリは四国の三分の一ほどの面積に550万人もの人が住んでいるので、途切れることがなく村があります。エレファントサファリへの道中、いくつもの村を通りましたが、どこもとても面白かった。人口の80パーセントがヒンズー教徒だそうで、信仰も厚く、至るところで花の香りのするお線香が焚かれています。

「エレファントサファリ」 園内で働く素朴な人たちに象たちがとても大事にされています。
癒しの場所でした。
d0059240_22522682.jpg

d0059240_2242526.jpg

d0059240_225512.jpg

d0059240_2259358.jpg


芸術家たちの集落ウブドに行く途中 世界遺産にもなっている「ライステラス」 段々畑に寄りました。
d0059240_23114463.jpg

d0059240_23263573.jpg

d0059240_231281.jpg


「ウブド観光」 
お寺、遺跡、サルの森、美術館等々 
d0059240_23165383.jpg
d0059240_23171558.jpg

↓優しいガイドさん
d0059240_23173665.jpg

d0059240_23332586.jpg

↓仏教の遺跡 短パンでは失礼になるので布を貸してくれる
d0059240_23175133.jpg
d0059240_23181941.jpg

ウブドで印象に残っているのは、アルマ美術館です。 キャンプ場が併設されているほど広い敷地に、大理石をふんだんに使った建物にゆったりと絵が展示されていました。庭もとても素敵でした。そうそうトイレもまるでお城のように広く大理石でできていました。こういう所を見学すると、バリ インドネシアが日本より貧しい国とは思えないですね。http://s.navi.com/bali/miru/1/



この日の夕食はホテルのプールサイドでインドネシア料理のバイキング
お味はう~ん、、、、ケーキは美味しかったけれどね。
d0059240_2336010.jpg

d0059240_23363599.jpg

d0059240_23394468.jpg

d0059240_23415261.jpg

[PR]

# by yyuh4 | 2014-06-08 23:41 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ島旅行(1)

恒例になりつつある5月の旅行 なんと今年はバリ島でした! 
バリ島はインドネシア 首都があるジャワ島に次ぐ第2の島 観光の島ですね。
北海道から直行便はなく、韓国 ソウル空港で乗り換えて6時間ほどです。
インドネシアはオランダ領でしたが、戦時中3年ほど日本に統治されていた時期があり、その影響も少なからず残っていて、車は左通行、右ハンドルです。ほとんどのお店で円が使え、日本語も通じます。観光客はバリ島へは4時間ほどでのオーストラリア、日本、最近は中国、韓国からも多いそうです。

飛行機は乗り換え、往復も全て↓
d0059240_1238329.jpg
客室乗務員さんたちの美しいこと!皆さん女優さんのような方ばかりで、女の私が見ても目の保養になるほどです。機内では、「アナと雪の女王」を観賞できラッキーでした^^

さて、ホテルには夜中の2時頃到着。札幌を立ったのは14時頃でしたから、入国審査を含めて12時間です。疲れたのでシャワーも浴びずにバタンキュー お陰でぐっすり眠ることができました。

ホテルはお庭が超素敵でテンションが上がりました!
d0059240_12534125.jpg

d0059240_12541167.jpg

d0059240_2375323.jpg

ホテル内です^^ 朝9時頃からここで生のガムランを演奏しているんですよ。
d0059240_2384681.jpg




1日目?2日目かな?は1日団体(パパの会社の方たちと)のツアーが付いていて、テンバサール(「北の市場」という意味だそう)半日観光からはじまりました。民族音楽と踊り観賞、独立記念館、寺院等を観光しました。
d0059240_13161810.jpg

d0059240_13173673.jpg

d0059240_1371759.jpg
d0059240_1382129.jpg

d0059240_1385037.jpg
d0059240_1391249.jpg

d0059240_2343669.jpg



3時頃ホテルに戻り休憩 ホテルのプールが海に繋がっていることを発見して、またテンションが↑
d0059240_23575644.jpg

d0059240_13413958.jpg

d0059240_1326529.jpg

d0059240_13421388.jpg

d0059240_13263411.jpg


夜は宮廷料理を食べにいきました。
d0059240_13134669.jpg
d0059240_1314568.jpg
d0059240_13143187.jpg
d0059240_1315963.jpg


バリ滞在1日目の長い1日が終わった と思うでしょう? 実はこの後、希望者だけでマッサージを受けにいきました。これが気持ちいいのなんのって最高! 1日の疲れも取れてとても良かったのでした。(2に続く)
[PR]

# by yyuh4 | 2014-06-02 13:35 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

次男と三男の誕生会

同月生まれの次男と三男の誕生会は三男の1才の誕生日からいつも一緒に祝っていた。
次男は東京の大学へ行ってから5年間 19から23までは 誕生日なんて祝ってもらっていなかったと思う。母親からのおめでとうメッセージと仕送りに5千円プラスされる以外はね^ ^

今年は5年ぶりに二人一緒の誕生会をした。
2人ともお酒が飲める年になったので居酒屋で食事&飲み会をして、家でケーキも食べた。

次男来年は25才か、パパが結婚した年だよ。
せめて就職しててね^_^;
d0059240_1021355.jpg

[PR]

# by yyuh4 | 2014-02-05 10:23 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

積丹ウニ丼ツアー

五人のピアノ会 今年は積丹(しゃこたん)バスツアーでした。
積丹岬と神威(かむい)岬両方に行きました。

d0059240_23583046.jpg

札幌からは小樽を通って海岸線を走ります。
札幌には海がないので、海が見えるとテンションが上がります016.gif

積丹ブルーの海 とってもきれいでした。
d0059240_041181.jpg

d0059240_03061.jpg
d0059240_033153.jpg


今回のメインは、ウニ丼と海鮮鍋です
d0059240_0103123.jpg
d0059240_0105230.jpg

じぇじぇ、三陸海岸にも負けないくらいのウニ丼でしょう?
私が子どもの頃獲ったのは馬糞ウニでした。↑は棘が長い紫ウニです。
味は馬糞ウニのほうが良かったかも。

帰りは 仁木町のニッカウイスキーでウイスキー シングルモルトやアップルワイン、ジュースを試飲して売店でお土産を買いました。父に麦焼酎、夫にワイン、自分にはウイスキーの樽を作る時に出る廃材で作ったト音記号のストラップ。それとプラセンタ浸透ヒアルロン酸水=化粧水+美容液も006.gif実はこれ あのAsahiビールのアサヒ研究所が作っている化粧品なんですよ。値段の割にすごくしっとりしています。
d0059240_0261377.jpg


最後は小樽にある かま栄というかまぼこ屋さん 平天、豆天、パンロール、ウインナーロール、マヨパン
これ皆 かまぼこの名前です。 本当に美味しいかまぼこなので、いくらでも食べられるので困ってしまいます008.gif

さて、バスの中では、発表会の打ち合わせはほんの少しで、おやつを回しておしゃべりに花が咲きました。
あー楽しかった。 積丹はホントに良かったです。 今度はパパとゆっくり来ようと思います。
[PR]

# by yyuh4 | 2013-07-23 00:48 | 旅行 | Trackback | Comments(18)

ディズニーリゾート&スカイツリー

d0059240_729689.jpg
d0059240_729868.jpg
d0059240_729981.jpg
GWの最終日 6日から二泊三日で夫の会社の褒賞旅行でディズニーリゾートに行ってきました。三日目は次男の所に寄って三人でスカイツリーにも上ってきましたよ。

夫と2人で東京へ行くのは新婚旅行以来27年振りなので、三日目は「はとバス」に乗らないかと言い出す始末^_−☆
これは今回は即却下しましたが、実は27年前に乗ったのですよ。

当時もほとんど冗談 話しのネタ作り的な乗りではあったのですが、意外にも楽しかったんですよね。
ガイドさんが付くので皇居散策も有意義だったし、帝国ホテルで食事をしたり、普段は絶対に行こうとは思わない 松竹のレビューショーを見たりしました。

さて今回のディズニーランドも、普段の私達では考えられない行先です。
韓国旅行を東京旅行に変更してもらったら、ディズニーリゾートになって あら〜と思いました。でも行くと決まったら、今年は30周年記念のハピネスイヤー、イベントも盛りだくさんで、楽しみになってきました。

実際、凄く楽しかったです。夢の世界の不思議体験ですよね? あの感覚は。

帰って来て生徒たちにディズニーの話してみると、北海道からでもほぼ全員一回は行っていて、話しが通じるんです。中には毎年行っている子もいてびっくりです。

[PR]

# by yyuh4 | 2013-05-16 06:18 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

春ですね、息子たちのことなど

昨年の日記を見ると例年になく大雪だったと書いていましたが
今年は昨年以上に大雪、低温でとても大変な冬でした。
d0059240_1349697.jpg

↑の画像はほんの10日ほど前のものですが、夜からの暴風雪で家がすっぽりと雪でおおわれました。

こんな日の朝も、ショパンの散歩に出かけます。
特に土日の朝は歩道の除雪が後まわしになるので
まるで砂浜を歩いているように雪に足を取られながら歩きます。
その上、家に着いたら除雪が待っているのです007.gif
北海道では、娘時代雪かきなどしたことのなかった人でも年々たくましくなっていきます066.gif

こんな大変な年も、春は必ずやってきます。

今日は長男が東京での研修から3ケ月ぶりに戻って来たので
お昼頃、新札幌駅まで迎えにいきました。
新札幌の駅付近はアスファルトが出ていて
ショッピングモールも春のセール中で
お天気も上々!春らしい華やぎがとても気持ち良かったです。

長男 26歳、学生時代から付き合っていた彼女と結婚するために
昨秋、安定していた会社を退職し、札幌に職を見つけ帰ってきました。
転職先の本社は大阪で、業界では中堅とのことですが、札幌(北海道)支社は所長と長男と事務員1名
この3人で北海道に根を下ろし育てていく、、、という大変な仕事、だと思います。
もっとも長男はそこにやりがいを感じてここに決めたようです。頑張ってほしいです。

そうそう長男たちはゴールデンウィーク前に入籍し同居を始めます。
結婚式は仕事に慣れた後、来春になりそうです。


次男坊の話。
次男が大学を卒業しました024.gif
でもまだ職が決まっていません008.gif
昨年は就活をしていなくて(卒業が決まるまで不安だったためか?)
今年になってやっと活動らしきことをそろそろと始めたようですが
いかんせん遠くにいるので、活動が見えてこなくて
こちらではやきもきしています。
電話もメールも無視ですから、男の子らしいといえばそういえなくもないですが042.gif

それで1年間だけ執行猶予をあげることにしました。この1年でなんとか自立してもらいます。
シュンよ、do it!!


三男坊の話。
早くも大学3年生になります。経営学部でなにを勉強、研究しているのか
知りませんが、なんとゼミ長だそうです(≧∇≦)

マクドナルドのアルバイトはもう5年目になります。
三男は意外にも一途な男で、悪く言えば視野が狭いんです。
まだまだこれからだとは思うけれども。



おまけ パパの話。
今年も1,2月のキャンペーン(会社の)ご褒美で韓国旅行が当たりました。
昨年の韓国旅行がとても良かったので、韓国なら毎年行ってもいいと思っていたのですが
いざとなると、早っと感じちゃって、東京旅行に替えようかなと考え中です。

それと、たぶん移動で、苫小牧から札幌に戻ってきます!
[PR]

# by yyuh4 | 2013-03-24 15:28 | 雑記 | Trackback | Comments(7)

富良野へ プチ旅行

ピアノ仲間5人で富良野へ行ってきました。

富良野といえば、皆さんは何を思い出しますか?

私は純君  ドラマ「北の国から」です。
d0059240_20541712.jpg

d0059240_20543234.jpg

この頃↑↓の純君 このダサさが、なんともいえずいいんですよねー。
d0059240_20544379.jpg

今月BSで「北の国から」の再放送をしていましたが
もう夢中で見る人もいないのかもしれませんね。

それから7月の富良野はなんと言ってもラベンダーですよね。 
富良野へは1年置き位に何度も行っているのですが、たいてい8月、お盆なので、ラベンダーが満開の富良野へ行くのは実は初めてでした。
富良野の雄大な景色とラベンダー畑はどこを写しても絵になります。
d0059240_2110897.jpg
d0059240_21103356.jpg
d0059240_21104297.jpg
d0059240_2111584.jpg

さて、ピアノ仲間5人 この旅の本当の目的は、、、
実は「富良野スイーツ食べ飲み歩き」だったのです006.gif
食べましたよ~ 024.gif
お昼は新富良野プリンスホテルのビュッフェです
地元野菜の美味しいこと! スイカもメロンも富良野産 最高です
富良野は酪農も盛んなのでチーズも美味しくて、3種類のチーズケーキを2個ずつも食べてしまいました。

ランチの前にはワイン工場で3種類のワインを試飲、フラノマルシェでジェラードを食べ、パイシューとクマの形のおやきをお土産に頂き、帰りにはフラノデリスの牛乳プリン(これもお土産)、六花亭にも寄り珈琲を飲み、ぶどうオムレツを(これはバスの中で)頂きました。 

そうそう富良野と言えば、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、そのたほとんどの野菜、メロン、スイカ、ブドウ、チーズなど乳製品も忘れてはいけませんね。こんなにお腹いっぱいの旅行も初めてでしたぁ016.gif
[PR]

# by yyuh4 | 2012-07-28 21:43 | 北の大地 | Trackback | Comments(9)

マイガーデン2012

札幌が1年中で一番美しい季節に・・・

庭の花たちが今年は出番がないのかぁと
心配そうなので、
忘れないうちに


d0059240_13244693.jpg
<自慢の黄色い大牡丹>

d0059240_1325087.jpg
<昨年名前が判明した姫うつぎ>


d0059240_13251495.jpg
<リビング前はこんな感じ。芝生再生は挫折中・・・>



d0059240_13253726.jpg
<お気に入りピンクのミニバラとラベンダー>

d0059240_13255170.jpg
<ミニバラは裏から見てもいいでしょ!!>


d0059240_132638.jpg
<この立派なマリーゴールドは実家の父が種から育てたもの>



d0059240_13261728.jpg
<ピアノ室前のバラは盛りが終わりました>

d0059240_13262844.jpg
<理想のホワイトガーデンはまだまだですぅ>
[PR]

# by yyuh4 | 2012-07-12 13:42 | マイガーデン | Trackback | Comments(8)

ソウルの旅(終)

さて実はランチの前に、徳寿宮と宿泊したホテルの並びにある東和免税店でお買いものをしました。このまま帰ってきたとしても(一人2万円ほどで)韓国の旅を充分に堪能でき大満足だったのですが、なんとパパが自分用にヴィトンの財布を買って帰ると言い出したのです。

パパは海外に何度か行っていますが、今まではブランド品に全く興味がなくて、いつも私へのお土産に一つだけブランド品を買うだけだったのです。ところが今年、偶然中古のヴィトンのポーチを安く手にいれて使っているうちにヴィトンの良さに目覚めたようなのです。
前日にロッテ免税店で価格をチェックして日本で買うより1万5千円も安いということが分かっており、ロッテで品切れしていた気に入った物もあり、パパは即決でお財布をゲットしました。そして悪いと思ったのかヴイトンのお店の向いのセリーヌで私のショルダーバックも買ってくれたのでした。ラッキーー!!012.gif


さてさて最終日のランチはパパと二人、何を食べたでしょうか。
河川敷の一本裏はビジネス街の裏通りで手頃な食事処が立ち並んでいました。
d0059240_1293832.jpg

でもこの辺りは私たちのような観光客らしき人はほとんどおらず地元のビジネスマンばかりのようです。それより何より何を食べたいのか? 日本だったらラーメン?それとも蕎麦かうどん? パスタにする? 定食屋さんでがっちり丼物でも食べる? なんて話になるのでしょうが、ここは韓国。みんなお昼には何を食べるのかしら? 韓国ドラマの中の庶民は、何ていうのかな?あの混ぜると真っ黒になる麺とか、サムゲタン(鶏肉のスープ)やもやしのスープとか、海苔巻やトッポギを食べていたような??

そこで色々なお店を覗いてみましたが、これが食べたい!またはここで食べたい!と思うようなお店が中々見つけられず、さらに歩いていると裏通りを抜けて大通りに出てしまいました。
その角にちょっとお洒落なカフェがあり、ほんのり漂う甘い匂いに誘われて、そのカフェで昼食にすることにしました。カフェだと注文も簡単そうだと思ったわけもありました。

この2泊3日の間に食べたものを思い返してみると、機内食(チキンとパン)、冷麺、焼き肉、ホテルの朝食2回はパンと野菜が中心、ビビンバ、海鮮鍋でした。気がつけば、おやつ(甘いもの)を一切食べておらず、甘いものが恋しかったんです。
d0059240_12404964.jpg

じゃ~ん、たっぷり二人分ですね。これとサンドイッチ一皿と珈琲二つで14000ウォン、1000円位でした。このワッフルがとっても美味しくて大満足! ここのカフェは裏通りで食事をしたビジネスマンが食後の珈琲を飲みに来る所のようで、店内は仕事仲間と来ている人たちで混雑していました。ソウルのビジネスマンは皆活気があります。昼間から会社の人と仲が良さそうに大きな声で話しているのでパワフルだなぁと、パパと二人、日本人との違いを感じていました。


さて、昼食のあと残りは2時間弱です。そこでもう一度明洞へ、昼間の明洞(原宿みたいだとチャンさんが言っていました)も見てみたかったのです。それからロッテデパートに寄りました。前日はロッテの免税店の方しか行かなかったので、豪華なロッテホテルの前を通り、地元のおそらくそれなりの人しか行かないであろうデパートの衣料品売り場も覗いてみました。でも値段はともかく着てみたいと思う服やスカーフ、靴が一つもなくて残念、常々感じていましたが韓国の洋服は色もデザインも派手で私にはとても着こなせないと思うのです。でもそれを結構なお年の女優さんがとても素敵に着こなしているのはさすがですよね。
d0059240_1348476.jpg

街中何処へ行っても韓流スターの看板、ポスターが目に着きます。



さて2時ギリギリにホテルに戻り旅行会社のお迎えのバスに乗り込みチャンさんとも再会、一路空港へ向かうかと思いきや、飛行場に着く前に「キムチ屋」さんへ連れて行かれました(笑) 実は初日の焼き肉店の前にも「韓国土産店」へと案内され、皆で「龍のひげ」という宮廷菓子をお土産に買いました。まぁこれはツアー会社のプランに含まれていることだから(と言ってもプラン表には記載されていませんが)、目くじら立てるほどのことではありませんけどね^^

バスの中では行きも帰りもツアー中もチャンさんが韓国事情沢山お話してくれました。日本より高いものが3つあるそうです。まずゴルフ=土地が狭いのでゴルフ場が極端に少ないため1回4,5万円かかるそうです。水=水道水は直接飲めないので飲み水は買います。ホテルでは一人1日500mlのペットボトルが用意されていました。 それから家(アパート)=家賃やローンという仕組みがなく家は2年契約で保証金として一括現金で支払わなければならないというのでとてもびっくりしました。大家さんにとってはその保証金の金利等が家賃代わりになるそうです。そして2年経てば保証金はそのまま戻してくれるそうです。また結婚するとき家は男性が用意するのが普通で日本円でだいたい2千万円位、だから皆必死で貯金をしているようです。金利が高いのでお金は貯めやすいようですが、20代でも何百万円も貯金を持っているのが普通とのこと、驚きますよね。

チャンさんは女性で35歳、ご主人と4歳の息子さんの3人暮らしだそうですが、「毎月ん十万円貯金している」とのことでした。
韓国人はビジネスが上手いと日本でも昔から言われているようですが、チャンさんのお話を伺ってもそれを感じました。サイドビジネスをしたり仕事を掛け待ちするのも当たり前のことのようで、そうして稼いだお金を貯金することがしっかりと身についているんですよね。
日本人はすっかり貧乏になっているのにいつまでのほほんとしているのでしょうか。あ、でもそういうのほほんとした所が私は好きですが。


他には今の大統領は現代自動車の社長をしてらした方で、この方が偉いのは、この大企業の一族ではなく、いわば叩き上げで社長まで登りつめた方らしいです。また10年ほど前までソウルでは窓を開けられないほど公害がひどく、また川の水も濁っていました。公害をなくし、魚が住める川にしたのも大統領の功績だそうです。

さて色々な興味深い話を伺いながらバスは空港に到着しました。

ここはハブ空港、またぞろ、免税店が壮観と思うほど立ち並んでいます。そんな中、王朝ドラマの王や王妃に扮した女優さんたちがパフォーマンスを見せてくれて韓国をアピールしてまわっていました。とっても素敵です!
d0059240_1595141.jpg

d0059240_14274757.jpg


さていよいよ千歳空港へ向けて出発です。 
ソウルはとても元気でラブリーな街、そして韓国はとても美しい国でした。
今度来るときは、北朝鮮との国境に行くこと、それからドラマのロケ地回りとスパにも行くぞ~~(^^)
息子とショパンは無事にお留守番できたでしょうか? ちらっと頭をかすめながら帰国の途に着いたのでした(おしまい)
d0059240_14281180.jpg

[PR]

# by yyuh4 | 2012-06-16 15:18 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

ソウルの旅(3)

2日目夜は南山(ナムサン)の頂上の展望台「Nソウルタワー」から夜景を楽しみました。ここは外国人以外は車の乗り入れが出来ないので歩いて南山に上っているのは皆地元の人たちだそうです。

ソウルは外国人観光客にとても優しい街です。中でも驚くなかれ日本人と中国人は何も不自由がないくらい快適に過ごすことができます。何よりどこででも言葉が通じるってすごいよね。ソウルは市を上げて観光に力を入れている街だと強く感じました。

タワーと夜景の画像はぼけていますが一応UPしますね
d0059240_13271233.jpg
d0059240_13275167.jpg

↓ここはドラマでもよく使われていますね。恋人と来て「鍵」にメッセージを付けて飾っていくみたい。
すごい数の鍵です。
d0059240_132837.jpg

こんな場面があちらこちらで見られましたよ。
d0059240_13342394.jpg

↓展望台のトイレは世界一綺麗だと言っていました(男子トイレです。便器が光輝いてますね!)
なるほど景色もトイレも美しい。ここだけではなく、ソウルのトイレはどこも清潔で綺麗でした。
d0059240_13282392.jpg




さて、韓国最終日は午後2時まで自由行動となりました。
朝ホテルの部屋でゆったりと「さて、何しよう。どこ行く?」とパパと話しながら窓の外を観ると、ちょっと素敵な外国風の建物が見えました。イギリス領事館だそうです。
d0059240_1344569.jpg

d0059240_13455867.jpg

イギリス領事館の向こうには、徳寿宮(トクスクン)=東洋と西洋が融合した王宮が見えたので、まずはぶらぶらと歩いて徳寿宮に行ってみることにしました。

入り口に着いたら人だかりです。何やらはじまりました。


1日2回、王朝時代のパフォーマンスを観せてくれるとのこと。その時間に門に着いたのはとてもラッキーでした。このパフォーマー達は兵役についている若者らしいですよ。

徳寿宮内
d0059240_13584874.jpg



それからまたブラブラ。ソウル市内の道幅はかなり広いですが車もすごく多いです。驚くことに車はどこでもいきなりUターンをするのです。Uターンをしないと行きたい所に行けないような道路事情なのですが、びっくりしますよ。
d0059240_13584473.jpg


あら向こうでも何かやってる?
d0059240_1454317.jpg
d0059240_146114.jpg

わぉ! これはお金のプール!!  500ウォンが35円、100ウォンが7円位ですが、お金を投げ入れる一人一人に学生のボランテアが黄色い声援を送ってくれます。おまけに貯金箱もくれて、、なんだかすごくいいことをしたような気分になります。貯金箱はこれにお金を貯めてまた持ってきてねという意味らしいのですが^^;
韓国ユニセフの募金活動のようでしたが、ボランテアも楽しんでやっているのが印象的でした。
d0059240_1462389.jpg


d0059240_1417149.jpg
d0059240_1417043.jpg
d0059240_14174847.jpg
d0059240_14174449.jpg

小さな川ですが、川べりは沢山の人々の憩いの場となっていました。とても気持ち良かったです。
さて、お昼です。ランチはどこで取ろうかな? (つづく)
[PR]

# by yyuh4 | 2012-06-15 14:23 | 旅行 | Trackback | Comments(2)