平清盛

今年のNHKの大河ドラマ「平清盛」の低視聴率はまだ続いているのでしょうか。私は、回を重ねるごとにますます楽しみになってきて最高に面白く見ているのですが、もし神戸市長の「画面が汚い」発言に惑わされて見る気が失せてしまった方がいたら、今からでも遅くないので是非見てほしいと思います。

私、今日は感動して泣けてしょうがなかったです。清盛が初めて恋心を抱き結婚を申し込むんだけど、あの真っ正直なところ、無骨で不器用なところも好みです。清盛の役柄だとは思うんだけど松山ケンイチってカッコいいですね!!  また中井貴一がいるだけでドラマ全体がしまりますよね。清盛に仕える上川隆也は松山ケンイチよりも20歳近く年上なのに、そうは感じさせないところ等、役作りが上手い、すなわち演技が上手いのよね。

意外なところでは、清盛と兎丸(海賊の親分)の子ども時代をお笑いの「まえだまえだ」兄弟が演じていてそれがなかなかの演技でとても良かったです。意外といえば、加藤浩司の兎丸、これにもびっくり、加藤浩司って役者さんでしたっけ?三上博史の院もその前の院、伊藤四郎もものすごく怖くて、凄味を感じるところがたまりません。

今回の大河では、貴族より、武士がかっこよくみえますね。そうそう、私の父方は源氏の武士だったそうなので平家より源氏を応援したいところなのですが、今回は松山ケンイチに免じて平家を応援しようと思います。

ところでやんや言われている中に歴史検証云々がありますが、今までの大河でもかなり大胆な解釈が多々あったのに今更のような気がしています。

最後に
テーマ曲のピアノは館野泉さんで、心が揺さぶられる演奏です。
[PR]

by yyuh4 | 2012-02-19 20:57 | 雑記 | Trackback | Comments(6)

ホームページを持って10年!

昨年から今年にかけてピアノの先生仲間が3人ブログを始めました。わくわくする楽しい記事や感心する話題がいっぱいで、それぞれに素敵な人生、LIFEを送られているのだなぁと、あらためて感じます。
また記事を毎日のように更新されているのをみて、半年も放置していたここあそこの「ブログ」やほとんど訪れる人がいなくなってしまった「掲示板」、更新できない「詩のページ」をにわかに思い出し焦りを感じてしまいました。

思い起こせば私が初めてホームページを持ったのはたしか2003年、ネットを通じて友だちになった息子のようなKochel(ケッヘル)さんからのプレゼントでした。かれこれ10年にもなるなんてびっくりですが、あの頃は超機械音痴の私がホームページを持てたのが夢のようで、PC環境は電話回線でノロノロ、フリーズもしょっちゅうでしたが、みんなで掲示板に集まりワイワイ、それがすっごく楽しかったのを懐かしく思い出しました。


さて、私のホームページのタイトルは「風の詩(うた)」なのですが、ちょうど1週間前、近くのショッピングモールに向かって運転していたときのことです。カーラジオからふいに流れてきた楽曲の最初の1音に心の琴線が触れてしまい(無類の音楽好きな私ですが、こういう経験はあまりないんです)、曲が終わるやいなやコールされたタイトルとアーチストを頭に入れてショッピングモールのCDショップに駆け込みました。残念ながらそこにCDは置いてなかったのですが、帰りにレンタルショップで借りることができました。

ひさびさに恋するほど私の心をゆさぶった曲のタイトルは「風の詩」 ギターリストの押尾こーたろーさんが富良野を旅し、富良野の風景のイメージで作られたそうです。 わぉ! 私のホームページの画像とぴったりです!!
そしてこれも本当に久しぶりに「詩」が書きたくなりました。そうです。押尾さんのこの曲に歌詞をつけたくなったのです。 借りたCDでは何度も聴けないので、ネットでCDを注文しました。

歌詞が書けたら、久々に詩のページ「風のマズルカ」も更新しますね!!!
[PR]

by yyuh4 | 2012-02-18 00:02 | 雑記 | Trackback | Comments(8)