熊野古道と伊勢の旅(3)

d0059240_19272837.jpg
外宮の次に内宮をお参りして、昨日ざっと見たおかげ横丁をくまなく歩きました。
d0059240_19272947.jpg
d0059240_19273018.jpg

d0059240_19273027.jpg
d0059240_19273103.jpg

伊勢湾で採れる真珠のお店が沢山ありました。真珠のネックレスを買いたいと思っていたのでお友達とあれこれ見て一つずつ買いましたよ。私は普段も着けたいので手頃なものでしたが、思っていたよりいいものが安くて嬉しかったです。母にもブローチを買いました。
そして一軒のお店から出るとこの方達に遭遇!
テレビで見るまんまでした(*゚▽゚*)
d0059240_19273258.jpg


それからお昼に伊勢うどんを食べたらもう思い残すことなく帰路 中部国際空港に着きました。
d0059240_19273210.jpg


d0059240_19273381.jpg

この夜景は千歳空港です。冬の夜空なんてきれいなんでしょう。
この旅の前日に札幌に雪が降っていたことを思い出しました。本当にいい旅、素敵な旅でした。
お友達に感謝、感謝です。
[PR]

by yyuh4 | 2017-01-03 19:11 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

熊野古道と伊勢の旅(2)

熊野市をお昼過ぎに立ち夕方伊勢市に到着しました。列車の中でblogを更新していたらあっという間でした。
伊勢市はさすがお伊勢さん参りで栄えた(栄えている)街ですね。思っていたよりずっと大きくて立派な街並みです。歴史ある伊勢神宮、整えられている交通網、そして素敵なお店の数々。山の匂いに海の香りが混じっていてなぜかしらここでも懐かしさを感じました。そして海の香りってなぜだかドキドキするんです。
少し先の伊勢志摩には三島由紀夫の小説の舞台になった島があるって思うだけで (#^.^#)

夕刻のおかげ横丁
d0059240_19005753.jpg
d0059240_19005846.jpg

d0059240_19005905.jpg
d0059240_19005904.jpg

赤福のあれ 食べたくなりますよね!
d0059240_19010092.jpg
おなかも空いていたし寒かったので熱いお茶に甘いお餅がとても美味しかったです。

伊勢1日目はおかげ横丁をざっと見て、一旦ホテルにチェックイン。それから駅前の立ち飲み屋 ではないけれどそんな感じのお店で手軽な海鮮焼きとビールを一杯🍻 そしてお目当のイタリアンのお店へ。ここでは伊勢の海鮮をたっぷり使ったサラダ、ドリア、パスタを食べてワイン🍷を一杯呑みました。ほろ酔いでホテルへ帰り、お伊勢参りに備え早めに就寝しました。

伊勢2日目
お伊勢参りの朝は朝粥が定番とのこと。
このお粥がもうとっても美味しくて感動しました
d0059240_19010015.jpg

そしていよいよ外宮からお参りです
d0059240_19010153.jpg
d0059240_19010289.jpg



d0059240_19010202.jpg
d0059240_19010305.jpg

つづく








[PR]

by yyuh4 | 2017-01-03 18:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

熊野古道と伊勢の旅(1)

2016年11月 第20回ピアノ発表会も無事に終わり、かねてから行きたいと思っていた熊野古道、そしてお伊勢参りの旅にお友達と2人で行ってきました。
この旅の計画は全てこのお友達が立ててくれて、飛行機代往復とホテル二泊でなんと3万円!003.gif 
この格安かつ綿密な計画 お友達に大感謝でした〜❣️

飛行機は初めての格安 スカイマーク。座席が狭いと聞いていましたがあまり感じませんでした。違いは珈琲が有料ってとこでしょうか。
それよりこのマークに素直に感動  
まるで私の為の飛行機のようでした(#^.^#)
d0059240_16124671.jpg
d0059240_16143805.jpg
d0059240_16151028.jpg
久々の飛行機 わぁー さてどこへ着くのでしょう。ワクワク❣️❣️

d0059240_16153220.jpg
ここはどこでしょう? 
そう名古屋でした。名古屋は中学生の時一度だけ東京から新幹線で行ったことがあるのですが全く覚えていないので初めて感覚です。
熊野市行きのバスを待ってバスターミナルビルのショッピングセンターをウロウロ。名古屋は大都市ですね。人口は220万とのこと。札幌は190万です。
昼食に並んだお店 中々番が来ないので手羽先やおにぎりを買ってバスに乗り込みました。
ここから熊野市まで4時間位でした。
熊野の駅前に着いたらホテルのタクシーが出迎えていてくれました。

熊野里創人(リゾート)ホテル とっても素敵でしたよ。
d0059240_16271872.jpg

夕食も凄く豪華でした。一部だけアップします。
d0059240_16274659.jpg
d0059240_16280909.jpg
d0059240_16282800.jpg
d0059240_16285252.jpg
d0059240_16293075.jpg
リゾート内の温泉♨️も良かったです。何もかも良くてここのホテルは私の中で五つ星です。是非また行きたいです❣️

翌朝は今回の旅のメイン 熊野古道へ。
ホテルの初心者のための古道ツアーに申し込みをしました。古道に行く前には日本最古神社 花の崫(いわや)神社と世界遺産の獅子巌にも寄ってくれました。
d0059240_16384761.jpg
d0059240_16391494.jpg
d0059240_16394590.jpg
d0059240_16401670.jpg
d0059240_16405793.jpg

熊野古道 松本峠
d0059240_16424428.jpg
素晴らしいガイドの方でした。熊野では有名な方ですね。
d0059240_16494196.jpg
d0059240_16430381.jpg
d0059240_16432981.jpg
松本峠から海を眺めました。
d0059240_16440936.jpg
d0059240_16443066.jpg
登りきった所にはお地蔵さまと雑記帳がおいてある箱が有りました。
d0059240_16444990.jpg

さて松本峠 熊野古道散策を終えて熊野の駅前のカフェで昼食を摂りJRで伊勢市に向かいました。
d0059240_16514736.jpg
駅のホームで列車を待っていると、松本峠とは別のルートで熊野古道を散策してらしたご夫婦と以前熊野にお住まいだったという方がお話してらして、すこしだけお話に加わったら、列車の中でお二方から蜜柑を頂きました016.gif  
熊野はいささか寂れてはいましたが、心が温かくなるふるさとのような町でした。熊野古道 元気なうちに歩いてこられて本当に良かったと思います。


[PR]

by yyuh4 | 2017-01-03 15:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016.G.W 函館桜ツアー(3)

北海道新幹線を見て、一路 松前へ
d0059240_14264934.jpg
松前は桜祭りの真っ最中。見事な桜を満喫しました。
d0059240_14265045.jpg
松前城が見えます
d0059240_14265020.jpg
d0059240_14265121.jpg

函館はいつも車で行っていましたがとても手頃なお花見ツアーがあったので思い切って参加したら桜も見頃でとっても良かったです。

ゴールデンウィークに北海道にいたのは久々だったのですが、見事な桜が見られて今年は日本の春を満喫した感じがしました。

さて、函館桜ツアーは1泊2日 ゴールデンウィークはまだもう少し続きます。





[PR]

by yyuh4 | 2016-11-10 14:14 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

2016.G.W函館 桜ツアー(2)

函館の夜はもちろん
d0059240_14132104.jpg
函館山の夜景です。写真で見るよりずっと素敵です。函館駅から市バスに乗って行ったのですが、車掌さんが途中途中市内の案内をしてくれてとても良かったです。


そして翌日は少し早起きをして朝市に出かけ朝食。そして桜満開の五稜郭へとやってきました。

d0059240_14132229.jpg
d0059240_14132337.jpg

d0059240_14132311.jpg
d0059240_14132447.jpg

d0059240_14132567.jpg
d0059240_14132517.jpg

そして
d0059240_14132676.jpg
トラピスチヌ 男子修道院に寄り、もう一つのメイン
d0059240_14132711.jpg
d0059240_14132883.jpg
北海道新幹線を見に行ったのでした。












[PR]

by yyuh4 | 2016-11-10 13:52 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行(終)

5月4日5日 台湾旅行4日目と最終日 台北・九ふん

・朝食後 双連朝市へ
d0059240_1201050.jpg

ここもめちゃ楽しかったですよ。パパが下着を買ったので私はカシミヤだというショールを800円で買いました。これは後で雨模様の夜の九ふん散策で大いに役立ちました。


・忠烈祠(ちゅうれつし) 33万人の英霊が祭られているそうです、
陸・海・空軍から選び抜かれた衛兵による衛兵交代を見ました。衛兵は皆185センチはありそう そしてイケメンです^^
d0059240_1305755.jpg

d0059240_131674.jpg
d0059240_1312440.jpg



・故宮博物館院、中正記念堂、総督府へ
d0059240_138119.jpg

故宮博物院では、二代目玉の白菜(翠玉白菜)と豚肉(肉形石)を見るのが大変でした。ぎゅうぎゅう詰めの電車んに乗ってあっと言う間に通り過ぎる感じで見ました。想像していたものよりかなり小さかったです。故宮博物院は撮影禁止だし、この日泊まったホテルに巨大な白菜が飾ってあったのですが、こちらの方がよっぽど有難かったくらいです。
d0059240_1473964.jpg


d0059240_139415.jpg

中正記念堂は、蒋介石の顕影施設 実際よりかなり大きな蒋介石の像が見下ろしています。台湾の三大観光名所の一つだそうです。とても綺麗で立派な建物でした。
d0059240_1395471.jpg



・昼食はお待ちかね 銀座にも出店している 「鼎㤗豊」にて飲茶を頂きました。
ここは全てのお料理が口に合い、中でも小籠包は熱々で本当に美味しかったです!
d0059240_204847.jpg

予約をしていても並ぶ大人気のお店なので、待っている間、付近を歩いてみました。
d0059240_231798.jpg

d0059240_233135.jpg

日本人街だったとのことで、日本と見間違う雰囲気が漂っていました。




・お茶の専門店にてお茶セミナー
台湾のお茶はとても美味しいと聞いていた通り、香り高く美味しいお茶を頂きました。
でもそのお茶のお値段が、びっくりするほど高いのです。お茶は専門店で買わずとも良しというお茶の先生の言葉を守り、ここではピアノ仲間のお土産に花茶を買いました。
d0059240_2163622.jpg




・いよいよ台湾の旅のクライマックス 九份(ふん)へ

前日に夜店に行けなかったので、とても楽しみにしていました。1年365日の内200日は雨という九ふん この日も霧雨が降っていました。
d0059240_2213814.jpg

↓のお店でいくつかオカリナを買いました。
d0059240_2215777.jpg

宮崎駿監督が作品に出てくる お宿のモデルではないと言われましたが、雰囲気は似ていますよね。
とてもとても素敵な所です。
d0059240_2221456.jpg
[
d0059240_223061.jpg
d0059240_2231588.jpg
d0059240_2233782.jpg
d0059240_2235663.jpg


そしてホテルは 空港近くの桃園 桃禱航空城酒店
一番素敵なホテルでした。
d0059240_242372.jpg

食堂もいい感じでしょう
d0059240_2453568.jpg


1日半かけようやく台湾旅行の記事をUPできてほっとしました。
でも最後にもう一つーー;な出来事を書いておきます。反省のためにね。
帰り 空港へ向かうバスの中 添乗員さんが荷物を預けたらゲートの前に集合して乗り場まで向いましょうとおっしゃたそうなのですが、私もパパもお話をきちんと聞いていなかったのね。荷物を預けたら1時間自由時間 余った元を使い切るぞと免税店をうろうろしていました。添乗員さんが探しておられましたよとツアーのメンバーから声をかけられ あちゃっーー:no.6

4泊5日で6回の失敗 ちょっと凹みました。今回は大した失敗ではありませんでしたが、もう若くないのだからこれからはよっぽど気をつけないとと肝に銘じました。

台湾旅行駆け足レポートこれにて終了です。
[PR]

by yyuh4 | 2015-07-01 10:45 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行(3)

5月3日 台湾旅行3日目 高尾~旗山~嘉義~台北へ

高尾市内観光  寿山公園 
d0059240_23441312.jpg
d0059240_23444173.jpg
d0059240_23445542.jpg
d0059240_23451130.jpg

お寺もありの とても台湾らしい公園でした。
ここで5月にはもう食べられないと言われていた、釈迦頭(シャカトウ)という果物を発見!
うわさ通り 甘いミルクのような果物でした。
d0059240_23512456.jpg


この後 高尾の免税店によりいざ旗山のバナナ王国へ

d0059240_2355427.jpg

↑の方がバナナ博士です。裸足(バナナの木に登りやすいそうです)にバナナの樹液で黒ずんだシャツ(奥様が洗濯をしてくないわけではないとのこと) お姿はこのようですが、中々博識のある方でいらっしゃいました。
ここのバナナの美味しいこと! バナナが好きでご飯代わりに食べている私ですが、ここのバナナを食べた後は日本で売っているバナナはしばらく食べられませんでした。
d0059240_23551562.jpg



旗山の商店街を巡って、昼食はみのの客家村で郷土料理を頂きました。ここは、はっか(薄荷)の産地だそうです。
商店街は台湾の人たちの様子が回間見られ、活気があって、楽しかったです。
郷土料理を頂いたお店もなんか素敵、日本にはない雰囲気が気に入りました。
d0059240_0153797.jpg

d0059240_0155078.jpg

西瓜8元(約32円)はスイカ1個のお値段です。果物は皆とても安くておいしいです。
d0059240_0161745.jpg

d0059240_092441.jpg

d0059240_0933100.jpg
d0059240_094454.jpg



昼食後は嘉義市内を車窓より眺めながら、約300キロ離れた台北へバスが高速道路を走り始めました。途中渋滞にも巻き込まれ5時間の長旅でしたが、周さんが「KANO 1931海の向こうの甲子園」=台湾が日本の領地だった時代に高校野球の台湾代表として甲子園にやってきた嘉義農業高校が準優勝した実話で映画化されたDVDとおやつを用意していてくれて、ゆっくりお昼寝も出来て、高速バスは快適でした。また高速道路の休憩所はまるで日本と一緒 とても綺麗で、何でも揃っているデパートのような売店がありました。

台北に戻ってきて夕食は焼き肉バイキングでした。お肉や野菜を好きなだけお皿に盛っていけばお店の方が大きな鉄板で焼いてくれます。
d0059240_049962.jpg


3日目の夜は夜市を散策予定でしたが、バスが遅れて夕食が遅くなったため中止になりました。
ホテル  兄弟大飯店(ブラザー)で早目にお休みなさ~い!
d0059240_0575915.jpg

[PR]

by yyuh4 | 2015-07-01 10:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行(2)

5月2日 台湾旅行2日目  台中から高尾まで

台湾2日目は台中 宝覚寺観光からスタートしました。
d0059240_1824082.jpg

宝覚寺には日本人も多く眠っていて日本人のための廟もあります。
が、なんと言っても目を引くのは大きな金色の布袋さんです。
d0059240_1826797.jpg

d0059240_18262592.jpg

う~ん でもこの布袋さん はりぼてじゃなくって?
奈良や鎌倉の大仏さんとは重量感が違うよね。


台中を後にし、一路 70キロ離れた日月譚へ

譚とは、湖より小さく、沼より大きいとの説明がありました。
d0059240_18555071.jpg
d0059240_18572921.jpg

ここには、日月譚そのものより 思わず感嘆するようなとても大きなお寺があります。
全部の写真はUPできませんが一部だけUPしますね。
d0059240_1933498.jpg

d0059240_19478.jpg
d0059240_1942222.jpg
d0059240_1943584.jpg
d0059240_195097.jpg

d0059240_204989.jpg

そしてこのお寺で、紅茶の先生である友人に頼まれお茶を買うという用事がありました。
お茶のお店は見落としがちな所にあるというので、あらかじめ添乗員さんにお話しておいて無事購入することができました。
友人いわく台湾はお茶がとても美味しい 紅茶も最高とのことです。
d0059240_19211494.jpg




日月譚の帰りに 捕里という黒檀(こくたん)で有名な町で昼食を取りました。
d0059240_18415499.jpg

中華料理ですが、家庭料理のように素朴な味でした。

お店の1階は黒檀製品の売店になっています。 黒檀って何?とわからない方もおられるでしょうね。私も言われてみれば昔あったよね 黒くて光っていて重たいもの くらいの認識です。箸やしゃもじ、おひつ等は祖父母の家にあったような気もします。お箸としゃもじのセットがお買い得だったので、買ってきました。

さてバスは台湾第2の都市 台南の高尾市に向かっていますが、途中 嘉南市の鳥山公園、八田與一記念公園に寄りました。八田與一(はったよいち)という人は日本人で、農業用のダムを作り、農業水利事業に大きく貢献した人だそうです。私は全く知りませんでしたが、台湾ではとても有名な人で、今でも大変尊敬されていると、台湾人のガイド 周さんが熱く語っておりました。 周さんは60歳 かなりの親日派とお見受けしました。
d0059240_19361379.jpg

d0059240_19363073.jpg
d0059240_19364712.jpg


さて、ここで 札幌から引率してくれた若いのにとても頼りになる添乗員さんと超強力助っ人台湾のツアーガイド 周さんのお写真をUPしておきます。
d0059240_1942126.jpg

 お二人ともとても素敵でしょう^^v

このバスツアーは20名定員の所、中学生と高校生1名ずつを含め19名が参加していました。親子、ご家族が二組の他は、皆さんご夫婦で参加されていました。 


そうこうしている内に夕刻 高尾市の寿山から夕陽を見せてあげたいと 周さん。予定にはなかった丘へバスを誘導してくれました。
d0059240_2005448.jpg

残念ながら夕焼けは見られなかったけれど、丘から見た港町 高尾(カオション)の素敵だったこと!
d0059240_2033564.jpg

d0059240_2012224.jpg



2日目はまだ終わらない LoVEの丘からフェリー乗り場に移動
夕食は、フェリーで摂津という所に行ったんです。テンションあがりました!
d0059240_2092351.jpg

d0059240_2093516.jpg
d0059240_2094562.jpg
d0059240_209596.jpg

摂津では、海鮮の中華を堪能 魚好きな私は良かったけれど中学生はほとんど食べられなかったみたいです。
フェリー乗り場からこのお店までずっと夜店が続いていて、あー寄り道したかったなぁ。


摂津から高尾に戻って いざ2日目のホテル 高尾華園大飯店へ
d0059240_20163890.jpg

d0059240_20164626.jpg

この日の夜は台湾式マッサージを体験しました。盛沢山の1日でしたから、疲れを飛ばなさいとねー。
立派で快適なホテルでしたよ。 2日目は失敗なしと思ったらこのホテルに千歳空港で買った文庫本を置き忘れてしまいました --;no.5(3日目につづく)
[PR]

by yyuh4 | 2015-07-01 10:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

台湾旅行(1)

毎年恒例になりつつあるGWの旅行 今年は台湾に行ってきました。 今回は一般のツアーに参加、台湾10都市巡るたっぷりおいしい4泊5日の旅、さてどんなものだったでしょうか。

5月1日 千歳空港 
午後便だったので荷物は当日詰め込み  沖縄行くみたいなものでしょ と気楽な感じがいいよね。

それでも高速道路は混雑を予想 1時間ほど早く家を出たら早く着き過ぎて空港内のラフィネスでマッサージを。受付は済ませていたものの集合時に遅れてしまい添乗員さんをちょいと心配させました--;no.1
d0059240_16213813.jpg


台湾のエバーく航空は初めてで、ありとあらゆるグッズがハローキティで妙にテンションが上がりました!
添乗員さんが美しいのはどこも一緒ですね。日本人よりちょっとのんびりした感じがいいような若干心配なような。。
d0059240_1654686.jpg

d0059240_17165.jpg
d0059240_16563511.jpg



さてこの日は台北の飛行場から翌日に備えて台中のホテルに移動。台北は台湾最大の350万都市 新北市があります。夜でしたが、大きなアパートが所狭しとひしめきあって建っていて、人が多くて、バイクのお店が多く見えました。 蒸し暑かったのもあるでしょうが熱気があると感じました。

さて、台中に来ると町の様子がどこもかしこも古い感じがします。台北に比べるとだいぶ田舎なんですね。それでもコンビニはあります。機内食↑は出たものの、この日の夜ご飯は出ないのでコンビニで調達するように言われたのでセブンイレブンに立ち寄りました。コンビニには安心して買い物できると言われました。
あー確かに日本の物も沢山置いてありました。でもなんとなくお弁当は食べられそうになかったので、私はバナナを1本買いました。100円くらいだったかな。若干高いと思いましたが、後でわかるのですが、これは本当に高かった。台湾は果物が豊富で、美味しくて安いのです。バナナは1房6本位で20円くらいで買えます。
コンビニを利用するのは旅行客だけかもしれませんね。

この日のホテルは 西悠飯店 台中店
d0059240_17281053.jpg

ホテルはグレードアップをお願いしていたので、お部屋はインターネットも使えるし、まずまず。
グレードアップが出来なかった方に聞いたらかなり狭かったようですよ。 

でもバスルームはあれまっ バスタブがなぜ木の桶なんでしょう? 窓も汚れているし。

そうそう ここのバスルームに日本から持ってきた自分用のシャンプー・石鹸等のセットを忘れてきて、旅の間中 パパのシャンプーを使わせてもらっていましたが、なんとなくパパの匂いがして、、、ーー;no.2

更に、家から持ってきた化粧瓶の中に化粧水が入っておらず 旅の間は化粧水の代用として冷やしたミネラルウォーターを使っていました --;no.3
化粧水はコンビニで買おうかと何度も思いましたが、日本製とはいえ、日本では10代しか使わないような安価な化粧水が800元 3200円もするので躊躇ってしまいました。

更に更に、ホテルのスリッパが履きずらいので、家から持ってきたルームシューズを履こうと思ったら飛行機内に忘れてきたみたい --;no.4

朝食会場では小学校の修学旅行?らしき一団と、中国人らしき老人の一団の食欲に圧倒され、いつものことですが珈琲とこの日は肉まんの皮だけ(肉まんかと思ったら中身なし)食べました。

でもでも朝、窓から下を見下ろすと
d0059240_17462980.jpg
d0059240_17465216.jpg

お寺だそうですが、ちょいと素敵な光景が広がっていました。 
どうりで夜11時にも早朝にも鐘の音が聞えていました。(2日目につづく)
[PR]

by yyuh4 | 2015-07-01 10:24 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

バリ旅行(最終日)

最終日は夜10時半まで丸1日自由だったので、前日に夜8時にホテル内のスパに予約しました。初日のスパではオイルマッサージを施行してもらいましたが、最終日のスパではチョコレートホットストーン テラピーをチョイス。これは日本ではあまり体験できないですよね、とっても気持ち良かったです!

さて、スパは夜のお話。午前から午後にかけては、ホテルから歩いて行ける大きなショッピングセンターと海に行っていました。ショッピングセンターの裏は海に繋がっているのです。
d0059240_23335249.jpg

d0059240_23321471.jpg

d0059240_23324012.jpg
d0059240_2333873.jpg

ショッピングセンターの裏も素敵でしょう(*^^*)
パパが着ているアロハシャツはウブドで買ったのですが、ホテルのガイドさんのアロハとほぼ一緒です。私たちが接したガイドさんはお二方とも現地の方でしたが、とても丁寧な日本語を話します。日本語はどこで習ったの? 日本にいらしたことはあるの?と聞いたら、日本語はバリで講習を受けただけで、日本に来たことはないと言っていました。一人の方は冗談も上手いし、かなり達者に日本語を操っていました。もちろん英語と中国語、韓国語も話せるそうです。
ガイドさんって皆そうなのでしょうが、勉強熱心ですよね。地理、歴史に詳しいのなんのって、バリの7,8世紀からの歴史を全部話してくれました。ほとんど覚えられなかったけれども^^; 
東西南北 王様(首領)が住んでいる所(城下町のような)にバザール(市場)を立て、王様が人々の生活を視察できるようにしたとのこと。バリの言葉で一つだけ覚えられたのは、「テンバザール」(バリの空港の名称)は、「北の市場」という意味だそうです。

ショッピングセンターで、面白かったのは、中国人や韓国人もおそらく笑ってしまうほどの「なんちゃってブランド品」が堂々と売られていたこと。バリではこういう模擬品を売っても罪にならないのね。パパも息子のお土産にレイバンのサングラスを買っていました。2000円で(笑)

もちろんちゃんとしたブランド店もあり、POLOのシャツを何枚かカードで買いましたが、先日請求書を見てニンマリ! 全て1枚1500円位でした。 そうそうバリの方の収入は月2,3万円とのことで、物価はだいたい日本の10分の1です。一般人は車は持てず、15万円位のバイクをローンで買うのがやっととのことです。1台のバイクに家族4人乗って移動する姿は日常的、道行くバイクの数に圧倒されます。私、バリでは運転できそうにありませーん^^;

この日のランチはホテルに戻って前日夜食に頼み気に入ったクラブハウスサンドイッチをもう一度食べました。これね↓
d0059240_0211811.jpg

バリは空も海もすごく綺麗で緑も沢山あって花がとっても綺麗で、素朴な人たちも良かった。でも食べ物がねぇ、、香辛料がいまいち口にあわないのがあって、それだけが残念でした。
ホテルのサンドイッチとビンタンビール(バリのビール)はとても美味しかったです(^^)

さてそれから夕方までしばし部屋で休んで、夕食はそろそろ恋しくなってきた日本食を食べにいきました。特に醤油味が恋しかったです。日本食レストランで超美味しい天ぷらうどんをすすっていると、会社の若い人たちもやってきました。皆 そろってラーメンを食べていましたよ。

夕食の後は、スパの時間まで帰る準備、荷物は大した増えず、見た目は来た時と同じ 大と中のゴロゴロ二つで間に合いました。
スパがとても良かった話は先に書きました。
夜10時半にホテルを出発、空港には11時前に着きました。そこからです。実はテンバザール空港が広くて綺麗で、免税店もすっごく立派で、もちろん韓国ほどではないのですが、ここに飛行機出発の2時間以上前に連れて来られてしまいました。でもね、夜は更けているし、旅の疲れも出ているし、買い物する気が起こらなかったですね。せいぜい余ったドルを使い切った程度です。
バリの紙幣はルビアで、日本円に0を2つ付けるといい感じです。つまり10000ルピアがおよそ100円ってことですね。オーストラリアが近いからか、どんな小さなお店でもドルが使えます。ホテルや大きいショッピングセンターでは円も使えますが、1万円札を出すと驚かれます。お釣りもないです。1万円は10万円の価値になるんですものね、びっくりするのもわかります。

バリ島、いつかもっとゆっくり滞在してみたいと思っています。<おしまい>
[PR]

by yyuh4 | 2014-06-19 00:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)