楽譜

あれは小学校4年生の頃だったと思います。
音楽の時間、クラスのみんながあまりにも落ち着きがなく
ガヤガヤとうるさかったので、机と椅子を教室の後ろにやって
その前にクラス全員で正座させられたことがありました。
かなり長い時間ただ座らされていたのだと思います。
やっと口を開いた先生が最初に私に「由は今、何を考えていた」と聞かれました。
おバカな私は、「素敵なドレスを着てピアノを弾く人になりたいなーって考えてました」と答えてしまったの…^^;
それは本当のことだったのだけど、その前には「みんななんでちゃんとやらないの??」と音楽の授業が大好きだった私はクラスのみんなに憤慨していたはずなのに
いつの間にか赤毛のアンのごとく一人空想の世界に入り込んでいたのでした。
その時の呆れた先生の顔、今思い出しても舌噛んで死んでしまいたいくらいになります(笑)

今でこそ、ピアノを教えることではベテランと言われるようになりましたが
当時から私のピアノは下手の横好きで、決して上手ではありませんでした。
当時、ピアノを習っていたのはクラスで2、3名、学年に10名いたでしょうか。

生まれ育った町には、ピアノの先生がいませんでした。
当時は隣町に通うか高校か中学校の音楽教師に習うかしかなかったのです。
父が高校の教師だったこともあり、学校の教師に習うのはいけないと言われていて
私が音楽教室に通うようになったのは、町に初めてヤマハ音楽教室が出来てからでした。
小学校2年生になっていました。
音楽教室は幼稚園児から2年生までが1クラスになり、ほとんどが1年生でした。
私と銀行の娘さんのミチコちゃんの2人が2年生だったので、すごく優秀な生徒だと先生ともども錯角していたと思います。発表会などでも一番重要な役回りでした。

音楽教室でやったことはどれも本当に楽しかったです。
まず、本(楽譜)が素敵でした。当時の絵本や教科書にはない やわらかな挿し絵の薄いピンクの本でした。それがクリーム色に変わり、最後はきみどり色になりました。
お道具箱のような蓋を開けると、蓋の裏が五線になっていて、そこにマグネットの音符を置くことができるのです。リズミックというシャカシャカ鳴る楽器も入っていました。
最初と最後に歌う歌も大好きでした。
小鳥がね、お窓でね、〜〜〜〜〜
ヤマハ、ヤマハの音楽教室〜♪ 
(途中を忘れてしまいました。どなたか御存じでしょうか)

そのコースは2年で終了し、そのまま同じ先生の個人のピアノレッスンに移りました。
そこで最初に頂いた本が下のピンクの「メトードローズ」です。これは簡単でした。だって2年も基礎を習っていたんですものね。すいすいと進んでいき、次に憧れの「ピアノテクニック(緑)」を頂きました。テクニックの本が憧れ? はい、すごく上手なお姉さんが弾いているのをいつも聞いていたのです。早くあのお姉さんのように、指をいっぱい動かしたいと思っていたのです(笑)
それから黄色の「ピアノのABC」や「ブルグミュラー25の練習曲」「こどものツェルニー」をやり「小さな手のためのツェルニー」や「左手のためのツェルニー」、、、思い返せば当時のピアノの教本は練習曲ばかりでしたね。
d0059240_1532171.jpg

それから学んだ懐かしい本。「ツェルニー30番」は定価200円也(現在は800円になっています)。ハノンは今でも時々使っているので表紙が取れています。
d0059240_15331599.jpg

他に表紙が取れるほど使い込んだ楽譜、「ツェルニー40番」とショパン「ワルツ集」です。
d0059240_1536594.jpg


そして今もこれからも弾いていきたい楽譜が山積み。
あ〜楽譜をこうして並べて見ているだけでも幸せです(*^^*)

d0059240_1539349.jpg

[PR]

by yyuh4 | 2006-04-17 15:41 | 雑記 | Trackback(2) | Comments(17)

トラックバックURL : http://yyuh4.exblog.jp/tb/2978727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from PACO縺ョJOURNAL at 2006-06-07 22:26
タイトル : なつかし楽譜
友達の由さんのブログで、小さい頃に勉強したピアノの楽譜の写真をみつけました。というわけで・・私も本棚を物色して昔の楽譜を探してみました! ある年代より上の人にはなつかし... more
Tracked from ピアノ練習日記 at 2006-06-18 20:31
タイトル : ブルグミュラー25の練習曲
現在、1日に1万5千人もの人が増え続けているというmixi(ミクシィ)に入っています。 そのミクシィ内のコミュニティにピアノ関連のものが数えきれない程あり、それもまた日々増殖(と言っても過言ではないくらいに)していますが、私は今、次の4つに登録しています。 ・「ピアノ」(5月16日現在12,024名参加) ・「ピアノ演奏が趣味な大人たち」(1,270名) ・「ピアノデュオが好き」(79名) ・「ブルグミュラーについて語ろう」(14名) 先日、「ピアノ演奏が趣味な大人たち」で書き込みされ...... more
Commented by at 2006-04-19 19:42 x
こんばんは、由さん。決してぶれて見えてはいませんよ。最近のノート(私も買ったばかりです)は画面の横が長くって、見え方が違います。決してMACとWINの違いだけではありません。
Commented by at 2006-04-19 20:42 x
寅さん、こんばんは〜(^^)
いつもありがとうございます♪

寅さんも最近ノートを買ったのですね〜。
はい、ぶれてはいませんが、1行に入る文字数が違いますよね。
それで、Macできちんと並べてもwinでは違って見えるんです。
それはMacとwinの違いではないのですね。
Commented by agatha-kobe at 2006-04-22 09:43
由さん、お早うございます~♪
今日記もまとめて拝見してきました。
懐かしい楽譜ですね。由さんのピアノの貴重な歴史ですね。
楽譜から当時の思い出が、たくさんたくさん思い出されてきたことでしょう。
今まで思い出したことがないことまで突然って、鮮明に思い出されるってあるでしょう?
忘れていたことが次々に思い出されて、懐かしいですね。

チェルニー30番は三十となっているところが、歴史を感じさせますね。

私は中断していたので、全部は残っていなくて、少し残念です。
私の頃は子どものための楽譜がなくて、おまけにどの楽譜もぎっしりと印刷でした。
比較がないので、そんな物かと思っていましたけれど。
私の時は音楽教室もありませんでした。これからは小さな生徒のように、ヤマハへ行きますよ。

ハノンは今眺めているとそう悪くないなって。音符は弾んで見えました。
Commented by at 2006-04-23 00:10 x
アガサさん、こんばんは〜。
はい! そうですね〜、アガサさんの懐かしの楽譜を拝見していたら、私も次から次へと色々なことを鮮明に思い出しました〜。
そして突然、ピアノにまつわる様々なことを語りだしたくなったんですよ、不思議なものですねー(^^)

ツェルニ三十番、あらホント、当時は漢字で書いてあったんですね。たしか当時はビニールのカバーもついていたと思います。

私も引っ越しと、途中10年ほどエレクトーンに浮気をしていたので無くした楽譜があり、残念に思っています。
そうですね、昔は子ども用の楽譜がほとんどなかったですね。
日本では中田善直さんが子ども用の曲集を作ってくださらなかったら、ピアノの普及も停滞していたかもしれません。
もちろんヤマハの功績も大きいですよね。

今見るとハノンの音符が弾んでみえる。これわかりますw!!
ピアノはとても楽しいものですよね〜♪
Commented by 風~♪ at 2006-04-23 20:53 x
由さん、楽譜に歴史を感じますね。とても大切にされているのも分かります。
娘達が使ったハノンもブルグミュラーもツェルニーもうちにもあります。
同じもの二冊ずつ(^^)中に書き込まれた先生の文字などを見るとその当時のことが思い出されるようです。
下の娘は今も時々懐かしいピースを取り出しては弾いています。
特に私はドビッシーの「月の光」が好きでリクエストして弾いて貰います。
自分で弾けないけれど聞くのは大好きです。
Commented by at 2006-04-24 10:07 x
風さん、おはようございまーす♪

楽譜は、学校の教科書よりずっと思い入れがあったと思う今日この頃です(笑)
風さんちにも懐かしい楽譜が沢山あるのでしょうね、
上の娘さんはピアノを活かせる職につき、勉学に励んでいる下の娘さんは今ピアノが癒しになっているのでしょうか。
「月の光」は、私も大好きな曲です。娘さんの月の光を聴けるなんて風さん幸せ〜ね(^^)

いつか、時間ができたら風さんもピアノ始めてみませんかぁ、
ひるちゃんもその気になっているようですよ(^^)


Commented by megumin921 at 2006-04-27 20:24
yyuh4 さんの。。 今日を作られた・・   大切な・・ 歴史の数々・・   我が家は・  長男と三男が・・ピアノを・・  やってます・・  先生の教室で・・  25周年の記念の今年・・  おおとりの長男は・・ショパンの<別れの曲>を・・ 発表しました・・ 長男三男が使ってた・・ 見たことのある・・  楽譜教本の数々・・  大切にされてくださいね・・  そして・・  すてきな演奏を・・  聞かせてください~~・・  
Commented by yyuh4(由) at 2006-04-28 09:13 x
メグミンさん、息子さんたちの先生の発表会は25周年!
きっと私と同じくらい教えてらっしゃるのね、私もピアノ講師になり26年です、、、あっという間にも感じますが、思い起こせば長いです。。

長男さん、大トリで「別れの曲」、、、先生もメグミンさんも涙が出たことでしょうね。そして誰よりもご長男、、、感激だったと思います。

楽譜、はい、これからも大事にしていきたいと思います。
ピアノも頑張ります♪
Commented by うず at 2006-05-07 00:44 x
由さん、こんばんわ☆由さんのピアノいつか聴いてみたいです♪
うずも小学生の頃、数年間ピアノ習ってたんですけど、受験のためやめてしまい、それっきりです。
ピアノは弾けないですけど、聴くのは好きです♪たま~に、NHK?でやっている、ひたすらスゴイ先生が、これまたスゴイ生徒さん(うず素人なので、皆スゴくみえるんです!!!)にご指導されてる番組、何て番組でしたっけ?そんなのを見たりします♪
ピアノ聴いてると気持ちいいですね☆何かが体の中に湧いてくるのを感じます☆
うず、ピアノちょっとだけしかかじってないですけど、何だか楽譜とかが懐かしくてコメントしてしまいました♪
Commented by at 2006-05-07 08:43 x
うずさん、おはよ〜〜♪

うずさんもむか〜しバイエルとかブルグミュラーを弾いてたのかしら、楽譜懐かしいでしょう〜(^^)

NHKの番組は「スーパーピアノレッスン」ね!!
あれは先生もスーパーなら生徒もスーパーでびっくりね。
私も全くついていけなくて、いつもホホホ〜〜っとため息まじりに観ています(笑)
でも、きれいな音のピアノを聴くのは気持ちいいですね〜☆ 

Commented by PACO at 2006-06-02 23:18 x
由さん、またまた遅すぎる反応ですが(^_^;、思い出いっぱいの楽譜、表紙を見ているだけでも由さんのいろいろな歴史を感じますネ。メトードローズで学習したなんて、私からすればかなりハイカラさん(!?)でうらやましぃわ・・。ところで、私のところもまねして楽譜の写真をのせたのですが、トラックバックがうまくいなかかったので、普通にリンクを張らせていただきました・・・!
Commented by PACO at 2006-06-02 23:20 x
すみません;;;;ひとつ消してください。
Commented by yyuh4 at 2006-06-03 21:18
PACOさん、子どもの頃の楽譜って本当に懐かしいですよね〜!
PACOさんもそれはそれは沢山の思い出があることでしょう〜、お話、読ませてもらうの楽しみだわ〜(^^)

最初についた先生が東京の音大を出たばかりの それこそハイカラさん!だったので、バイエル使いたくないっておっしゃったのよ。
だからピアノを教えはじめる時に必死でバイエルを勉強しました。今じゃバイエルが一番得意なんですけど、、、(笑)

トラックバック、上手くいきませんでしたか?
ブログが違うからかしら? 私も今だトラックバックがよくわかっていません^^;
リンクありがとうございます☆
Commented by yyuh4 at 2006-06-03 21:25
そうそうPACOさん、肝心なことを思い出しました!
以前アダルトサイトへのトラックバックが何十もされていたので、エキサイトブログ以外のトラックバックを受け付けないように設定していたのでした。ごめんなさ〜い!m(__)m
Commented by yyuh4 at 2006-06-07 13:26
トラックバックできるようにしました!
よろしくお願いしま〜す(^^)
Commented by 田中忠敬 at 2009-08-16 15:00 x

「ヤマハ音楽教室の歌」
作詞:サトウハチロー
作曲:中田喜直

小鳥がね、お窓でね、おくびをふりふりしているよ。
おててがね。かわいいね。
きれいな音だときいてるよ。
ヤマハ、ヤマハのおんがくきょう~しつ~♪

ママさんがね おめめをね ほそめてうーっとりしているよ。
いっしょにね、ひいたりね、
おつむをなぜたりしているよ。
ヤマハ ヤマハ の 音楽教室

だれかがね ならんでね あるいておはなししていくよ。
ほんとにね、 じょうずにね、
なったとおはなししていくよ。
ヤマハ ヤマハ の 音楽教室

Commented by at 2009-08-23 15:40 x
田中さま

歌詞をありがとうございます!!
懐かしくて何度も歌ってみました♪

詩はサトウハチローさんでしたか、
なっとくいたします。
曲は中田喜直さん、豪華な組み合わせですね。
素晴らしいですね!
初期のヤマハ音楽教室の意気込みなども感じられますね。