台湾旅行(3)

5月3日 台湾旅行3日目 高尾~旗山~嘉義~台北へ

高尾市内観光  寿山公園 
d0059240_23441312.jpg
d0059240_23444173.jpg
d0059240_23445542.jpg
d0059240_23451130.jpg

お寺もありの とても台湾らしい公園でした。
ここで5月にはもう食べられないと言われていた、釈迦頭(シャカトウ)という果物を発見!
うわさ通り 甘いミルクのような果物でした。
d0059240_23512456.jpg


この後 高尾の免税店によりいざ旗山のバナナ王国へ

d0059240_23444173.jpg

↑の方がバナナ博士です。裸足(バナナの木に登りやすいそうです)にバナナの樹液で黒ずんだシャツ(奥様が洗濯をしてくないわけではないとのこと) お姿はこのようですが、中々博識のある方でいらっしゃいました。
ここのバナナの美味しいこと! バナナが好きでご飯代わりに食べている私ですが、ここのバナナを食べた後は日本で売っているバナナはしばらく食べられませんでした。
d0059240_23551562.jpg



旗山の商店街を巡って、昼食はみのの客家村で郷土料理を頂きました。ここは、はっか(薄荷)の産地だそうです。
商店街は台湾の人たちの様子が回間見られ、活気があって、楽しかったです。
郷土料理を頂いたお店もなんか素敵、日本にはない雰囲気が気に入りました。
d0059240_0153797.jpg

d0059240_0155078.jpg

西瓜8元(約32円)はスイカ1個のお値段です。果物は皆とても安くておいしいです。
d0059240_0161745.jpg

d0059240_092441.jpg

d0059240_0933100.jpg
d0059240_094454.jpg



昼食後は嘉義市内を車窓より眺めながら、約300キロ離れた台北へバスが高速道路を走り始めました。途中渋滞にも巻き込まれ5時間の長旅でしたが、周さんが「KANO 1931海の向こうの甲子園」=台湾が日本の領地だった時代に高校野球の台湾代表として甲子園にやってきた嘉義農業高校が準優勝した実話で映画化されたDVDとおやつを用意していてくれて、ゆっくりお昼寝も出来て、高速バスは快適でした。また高速道路の休憩所はまるで日本と一緒 とても綺麗で、何でも揃っているデパートのような売店がありました。

台北に戻ってきて夕食は焼き肉バイキングでした。お肉や野菜を好きなだけお皿に盛っていけばお店の方が大きな鉄板で焼いてくれます。
d0059240_049962.jpg


3日目の夜は夜市を散策予定でしたが、バスが遅れて夕食が遅くなったため中止になりました。
ホテル  兄弟大飯店(ブラザー)で早目にお休みなさ~い!
d0059240_0575915.jpg

[PR]

by yyuh4 | 2015-07-01 10:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yyuh4.exblog.jp/tb/21917103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。