バリ旅行(最終日)

最終日は夜10時半まで丸1日自由だったので、前日に夜8時にホテル内のスパに予約しました。初日のスパではオイルマッサージを施行してもらいましたが、最終日のスパではチョコレートホットストーン テラピーをチョイス。これは日本ではあまり体験できないですよね、とっても気持ち良かったです!

さて、スパは夜のお話。午前から午後にかけては、ホテルから歩いて行ける大きなショッピングセンターと海に行っていました。ショッピングセンターの裏は海に繋がっているのです。
d0059240_23335249.jpg

d0059240_23321471.jpg

d0059240_23324012.jpg
d0059240_2333873.jpg

ショッピングセンターの裏も素敵でしょう(*^^*)
パパが着ているアロハシャツはウブドで買ったのですが、ホテルのガイドさんのアロハとほぼ一緒です。私たちが接したガイドさんはお二方とも現地の方でしたが、とても丁寧な日本語を話します。日本語はどこで習ったの? 日本にいらしたことはあるの?と聞いたら、日本語はバリで講習を受けただけで、日本に来たことはないと言っていました。一人の方は冗談も上手いし、かなり達者に日本語を操っていました。もちろん英語と中国語、韓国語も話せるそうです。
ガイドさんって皆そうなのでしょうが、勉強熱心ですよね。地理、歴史に詳しいのなんのって、バリの7,8世紀からの歴史を全部話してくれました。ほとんど覚えられなかったけれども^^; 
東西南北 王様(首領)が住んでいる所(城下町のような)にバザール(市場)を立て、王様が人々の生活を視察できるようにしたとのこと。バリの言葉で一つだけ覚えられたのは、「テンバザール」(バリの空港の名称)は、「北の市場」という意味だそうです。

ショッピングセンターで、面白かったのは、中国人や韓国人もおそらく笑ってしまうほどの「なんちゃってブランド品」が堂々と売られていたこと。バリではこういう模擬品を売っても罪にならないのね。パパも息子のお土産にレイバンのサングラスを買っていました。2000円で(笑)

もちろんちゃんとしたブランド店もあり、POLOのシャツを何枚かカードで買いましたが、先日請求書を見てニンマリ! 全て1枚1500円位でした。 そうそうバリの方の収入は月2,3万円とのことで、物価はだいたい日本の10分の1です。一般人は車は持てず、15万円位のバイクをローンで買うのがやっととのことです。1台のバイクに家族4人乗って移動する姿は日常的、道行くバイクの数に圧倒されます。私、バリでは運転できそうにありませーん^^;

この日のランチはホテルに戻って前日夜食に頼み気に入ったクラブハウスサンドイッチをもう一度食べました。これね↓
d0059240_0211811.jpg

バリは空も海もすごく綺麗で緑も沢山あって花がとっても綺麗で、素朴な人たちも良かった。でも食べ物がねぇ、、香辛料がいまいち口にあわないのがあって、それだけが残念でした。
ホテルのサンドイッチとビンタンビール(バリのビール)はとても美味しかったです(^^)

さてそれから夕方までしばし部屋で休んで、夕食はそろそろ恋しくなってきた日本食を食べにいきました。特に醤油味が恋しかったです。日本食レストランで超美味しい天ぷらうどんをすすっていると、会社の若い人たちもやってきました。皆 そろってラーメンを食べていましたよ。

夕食の後は、スパの時間まで帰る準備、荷物は大した増えず、見た目は来た時と同じ 大と中のゴロゴロ二つで間に合いました。
スパがとても良かった話は先に書きました。
夜10時半にホテルを出発、空港には11時前に着きました。そこからです。実はテンバザール空港が広くて綺麗で、免税店もすっごく立派で、もちろん韓国ほどではないのですが、ここに飛行機出発の2時間以上前に連れて来られてしまいました。でもね、夜は更けているし、旅の疲れも出ているし、買い物する気が起こらなかったですね。せいぜい余ったドルを使い切った程度です。
バリの紙幣はルビアで、日本円に0を2つ付けるといい感じです。つまり10000ルピアがおよそ100円ってことですね。オーストラリアが近いからか、どんな小さなお店でもドルが使えます。ホテルや大きいショッピングセンターでは円も使えますが、1万円札を出すと驚かれます。お釣りもないです。1万円は10万円の価値になるんですものね、びっくりするのもわかります。

バリ島、いつかもっとゆっくり滞在してみたいと思っています。<おしまい>
[PR]

by yyuh4 | 2014-06-19 00:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yyuh4.exblog.jp/tb/20824073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。