ソウルの旅(終)

さて実はランチの前に、徳寿宮と宿泊したホテルの並びにある東和免税店でお買いものをしました。このまま帰ってきたとしても(一人2万円ほどで)韓国の旅を充分に堪能でき大満足だったのですが、なんとパパが自分用にヴィトンの財布を買って帰ると言い出したのです。

パパは海外に何度か行っていますが、今まではブランド品に全く興味がなくて、いつも私へのお土産に一つだけブランド品を買うだけだったのです。ところが今年、偶然中古のヴィトンのポーチを安く手にいれて使っているうちにヴィトンの良さに目覚めたようなのです。
前日にロッテ免税店で価格をチェックして日本で買うより1万5千円も安いということが分かっており、ロッテで品切れしていた気に入った物もあり、パパは即決でお財布をゲットしました。そして悪いと思ったのかヴイトンのお店の向いのセリーヌで私のショルダーバックも買ってくれたのでした。ラッキーー!!012.gif


さてさて最終日のランチはパパと二人、何を食べたでしょうか。
河川敷の一本裏はビジネス街の裏通りで手頃な食事処が立ち並んでいました。
d0059240_1293832.jpg

でもこの辺りは私たちのような観光客らしき人はほとんどおらず地元のビジネスマンばかりのようです。それより何より何を食べたいのか? 日本だったらラーメン?それとも蕎麦かうどん? パスタにする? 定食屋さんでがっちり丼物でも食べる? なんて話になるのでしょうが、ここは韓国。みんなお昼には何を食べるのかしら? 韓国ドラマの中の庶民は、何ていうのかな?あの混ぜると真っ黒になる麺とか、サムゲタン(鶏肉のスープ)やもやしのスープとか、海苔巻やトッポギを食べていたような??

そこで色々なお店を覗いてみましたが、これが食べたい!またはここで食べたい!と思うようなお店が中々見つけられず、さらに歩いていると裏通りを抜けて大通りに出てしまいました。
その角にちょっとお洒落なカフェがあり、ほんのり漂う甘い匂いに誘われて、そのカフェで昼食にすることにしました。カフェだと注文も簡単そうだと思ったわけもありました。

この2泊3日の間に食べたものを思い返してみると、機内食(チキンとパン)、冷麺、焼き肉、ホテルの朝食2回はパンと野菜が中心、ビビンバ、海鮮鍋でした。気がつけば、おやつ(甘いもの)を一切食べておらず、甘いものが恋しかったんです。
d0059240_12404964.jpg

じゃ~ん、たっぷり二人分ですね。これとサンドイッチ一皿と珈琲二つで14000ウォン、1000円位でした。このワッフルがとっても美味しくて大満足! ここのカフェは裏通りで食事をしたビジネスマンが食後の珈琲を飲みに来る所のようで、店内は仕事仲間と来ている人たちで混雑していました。ソウルのビジネスマンは皆活気があります。昼間から会社の人と仲が良さそうに大きな声で話しているのでパワフルだなぁと、パパと二人、日本人との違いを感じていました。


さて、昼食のあと残りは2時間弱です。そこでもう一度明洞へ、昼間の明洞(原宿みたいだとチャンさんが言っていました)も見てみたかったのです。それからロッテデパートに寄りました。前日はロッテの免税店の方しか行かなかったので、豪華なロッテホテルの前を通り、地元のおそらくそれなりの人しか行かないであろうデパートの衣料品売り場も覗いてみました。でも値段はともかく着てみたいと思う服やスカーフ、靴が一つもなくて残念、常々感じていましたが韓国の洋服は色もデザインも派手で私にはとても着こなせないと思うのです。でもそれを結構なお年の女優さんがとても素敵に着こなしているのはさすがですよね。
d0059240_1348476.jpg

街中何処へ行っても韓流スターの看板、ポスターが目に着きます。



さて2時ギリギリにホテルに戻り旅行会社のお迎えのバスに乗り込みチャンさんとも再会、一路空港へ向かうかと思いきや、飛行場に着く前に「キムチ屋」さんへ連れて行かれました(笑) 実は初日の焼き肉店の前にも「韓国土産店」へと案内され、皆で「龍のひげ」という宮廷菓子をお土産に買いました。まぁこれはツアー会社のプランに含まれていることだから(と言ってもプラン表には記載されていませんが)、目くじら立てるほどのことではありませんけどね^^

バスの中では行きも帰りもツアー中もチャンさんが韓国事情沢山お話してくれました。日本より高いものが3つあるそうです。まずゴルフ=土地が狭いのでゴルフ場が極端に少ないため1回4,5万円かかるそうです。水=水道水は直接飲めないので飲み水は買います。ホテルでは一人1日500mlのペットボトルが用意されていました。 それから家(アパート)=家賃やローンという仕組みがなく家は2年契約で保証金として一括現金で支払わなければならないというのでとてもびっくりしました。大家さんにとってはその保証金の金利等が家賃代わりになるそうです。そして2年経てば保証金はそのまま戻してくれるそうです。また結婚するとき家は男性が用意するのが普通で日本円でだいたい2千万円位、だから皆必死で貯金をしているようです。金利が高いのでお金は貯めやすいようですが、20代でも何百万円も貯金を持っているのが普通とのこと、驚きますよね。

チャンさんは女性で35歳、ご主人と4歳の息子さんの3人暮らしだそうですが、「毎月ん十万円貯金している」とのことでした。
韓国人はビジネスが上手いと日本でも昔から言われているようですが、チャンさんのお話を伺ってもそれを感じました。サイドビジネスをしたり仕事を掛け待ちするのも当たり前のことのようで、そうして稼いだお金を貯金することがしっかりと身についているんですよね。
日本人はすっかり貧乏になっているのにいつまでのほほんとしているのでしょうか。あ、でもそういうのほほんとした所が私は好きですが。


他には今の大統領は現代自動車の社長をしてらした方で、この方が偉いのは、この大企業の一族ではなく、いわば叩き上げで社長まで登りつめた方らしいです。また10年ほど前までソウルでは窓を開けられないほど公害がひどく、また川の水も濁っていました。公害をなくし、魚が住める川にしたのも大統領の功績だそうです。

さて色々な興味深い話を伺いながらバスは空港に到着しました。

ここはハブ空港、またぞろ、免税店が壮観と思うほど立ち並んでいます。そんな中、王朝ドラマの王や王妃に扮した女優さんたちがパフォーマンスを見せてくれて韓国をアピールしてまわっていました。とっても素敵です!
d0059240_1595141.jpg

d0059240_14274757.jpg


さていよいよ千歳空港へ向けて出発です。 
ソウルはとても元気でラブリーな街、そして韓国はとても美しい国でした。
今度来るときは、北朝鮮との国境に行くこと、それからドラマのロケ地回りとスパにも行くぞ~~(^^)
息子とショパンは無事にお留守番できたでしょうか? ちらっと頭をかすめながら帰国の途に着いたのでした(おしまい)
d0059240_14281180.jpg

[PR]

by yyuh4 | 2012-06-16 15:18 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yyuh4.exblog.jp/tb/16067225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2012-06-16 22:42 x
おっ! 韓国ですかぁ~。
なんだが楽しそうな感じが伝わって来ます。

やっぱり、食べて買い物。
これがツアーの定番ですよね。

そうか・・韓国は水が飲めないのか。メモっとこォ φ(.. )
土地が高いって聞いたことはあります。なんでも、ずっと土葬だったので、国土に占める墓の面積が広すぎて最近火葬にしたとか(冗談とも取れない話)聞きました。

このところ、由さんを見慣れたせいか、写真に写ってると直ぐに見つかりますね(^^)
Commented by at 2012-06-18 13:46 x
翔さん、一人よがりの長い記事を見てくれてありがとうね。

水は、近年、その大統領の川をきれいにする政策で一応水道水が飲めるという宣言が出たらしいのですが、生水は誰も飲まないようにしているようです。

私見つけられるでしょう、知らないひとはわからないから、ま、いいかな(笑)